容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

適性検査とテストセンター

  1. 2008/03/31(月) 07:16:08|
  2. 適性検査|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
テストセンターという仕組みは、SPI2の普及とともに人材・組織開発会社であるリクルートマネジメントソリューションズ社によって生み出されました。
同社の用意したパソコンを常設した会場で適性検査を受検し、終了と同時に採点され、即時に検査結果のメールが受検者に配信されるというテストセンター方式による検査の仕組みです。
テストセンターとなる会場は全国に設置されています。

この仕組みを利用することにより企業は採用における手間やコストを削減し、また受検者は各々の都合にあわせて適性検査を受検がすることができ、就職活動において有効に時間を使うことができます。
採用に関わる画期的なこの仕組みは、現在多くの企業に受け入れられ実施されています。

このテストセンターでは「適応型」テストを採用しており、これは一問ごとの正誤によって次の問題をコンピューターが選択するテストです。
受検者のレベルに合わせた問題を出題することで効率の良い測定を行うことができます。
また自宅のパソコンで受検するWEBテストでは他人のIDとパスワードで受検が可能なため、本人以外の人間が受検するという不正行為も起こりましたが、このテストセンターの仕組みでは受検者は身分証明書を持参し本人確認を行い、試験管の監視の元で受検するため、不正行為のない適性検査が可能になりました。

実際にこのテストセンターを実施している企業は業績が伸びているというデータもあり、今後も実施する企業が増えると思われます。





  • フットパーク埼玉県店舗

  • フットパーク新潟県店舗

  • フットパーク富山県店舗
  • 適性検査の役割

    1. 2008/03/31(月) 07:06:12|
    2. 適性検査|
    3. トラックバック:0|
    4. コメント:0
    現在、日本の多くの企業が新卒採用の時に適性検査を実施しています。
    適性検査にはどのような役割があるのでしょうか。

    企業にとって採用活動は企業の将来を左右する重大な活動です。
    企業の利益や名誉に貢献できる人材を見抜き、採用することが採用活動の目的といえます。

    企業は書類選考、面接、論文など、様々な手段で学生を総合的に判断しますが、その中の重要な手段の一つが適性検査です。
    書類選考や面接だけで学生を正確に捉えることは不可能であり、また、就職活動中の学生は緊張したり、意気込んだりして本来の姿が発揮できない場合も多々あります。
    適性検査には面接や書類選考では測れない、人の潜在的な能力、性格的な特性、そして企業の求める資質を持っているかを測定する役割があります。

    また特に志望者の多い大企業などでは、採用試験の前に適性検査を行うことによって、志望者を絞り込むという役割もあります。
    これには受検者が企業に出向く必要のないWEBテストや、検査終了時に即結果がメール配信されるテストセンターなどが多く利用されます。

    適性検査は統計的な分析や心理学を根拠としており、企業にとって有効な判断材料となります。
    採用試験だけでなく人事異動や昇格など、適材適所を把握するという重要な役割も果たしています。

    適性検査で測定することのできる能力や性格特性は、20歳前後にはほとんど完成しているもので、将来大きな変化は起こらないとされており、生涯に渡り適合する特性であると考えられています。






  • 島根県のフットパーク店舗


  • 岡山県のフットパーク店舗


  • 広島県のフットパーク店舗

  • 公務員と適性検査

    1. 2008/03/30(日) 09:19:13|
    2. 適性検査|
    3. トラックバック:0|
    4. コメント:0
    公務員は憲法第15条により、「全体の奉仕者」と位置付けされ、公共の利益のために勤務すること、そしてその職務の遂行にあたっては公正中立、かつ最大の能力を発揮することが求められています。
    公務員には身分保障があり、その任免は法律により規定され、採用は公開平等の試験で、能力のみに基づいて任用することが定められています。

    公務員は国の機関で勤務する国家公務員と、地方自治体で勤務する地方公務員に大きく分けられます。
    公務員の応募者は毎年多く、採用予定数を大きく上回り、狭き門になっているのが実情です。
    その魅力は安定性や男女平等、厚待遇といったイメージにあるようです。

    公務員になるためには、この狭き門である採用試験に合格しなければいけません。
    採用試験はほとんどの職種で学歴による試験区分に分けられています。

    採用試験の内容は志望する種類により異なりますが、国家公務員3種や地方公務員などの事務系の職種においては適性試験が実施されています。
    これは民間企業の適性検査に相当するものです。
    公務員の事務系職種の大きな仕事に、文書の記録、集計、分類、照合、整理などがあり、この適性検査はこのような業務を正確にそして早くできるかという初期的適性を測定するために行うものです。

    この適性試験が「事務適性」について測定する試験であるのに対し、警察官試験で実施されている適性検査は、クレペリン検査、YG検査、ロールシャッハなど性格検査です。
    事務職の適性試験のような繰り返しの練習は必要ありませんが、どのような検査か前もって理解しておいたほうがよいでしょう。






  • 和歌山県のフットパーク店舗

  • 鳥取県のフットパーク店舗


  • 島根県のフットパーク店舗


  • 適性検査と就職活動

    1. 2008/03/29(土) 06:29:44|
    2. 適性検査|
    3. トラックバック:0|
    4. コメント:0
    学生や失業者が職業に就くために活動することを就職活動といいます。
    中学生と高校生の就職は学校が主導で活動を行いますが、大学生は基本的に就職を希望する本人が主導となって活動します。

    日本では大学生は在学中から活動を始めます。
    一般的には4年生大学では3年次の夏頃には大学の就職セミナーを受けて活動の流れを掴み、自己分析をして自分の性格や志向、価値観を分析することから始まります。
    そして自己分析により志望業界、志望企業を決定したら企業の就職サイトにエントリーし企業の情報を得て、その後は企業の採用スケジュールに従うという流れになります。

    近年では就職活動は半年から1年ほど続き、途中で目標を見失ったり、当初考えていなかった業界へ興味が湧いたり、気持ちの変化がつきものです。
    納得する企業からの内定を得るまでは、「自己分析、業界企業の絞込み、企業への挑戦」の繰り返しだと考えましょう。

    このようなことを踏まえ、余裕を持って早い時期に活動を始めること、そしてできるだけ多くの情報を収集することが成功への近道といえます。

    自己分析には独自に自分を見つめなおす方法や、就職サイトの自己分析ツールなどを利用する方法があります。
    また、適性検査も多面的に自己の適性を測定することができる有効な手段です。
    適性検査とは個人がどのような適性を持っているかを調べる検査です。
    職業を考える場合には職業適性検査により、自分がある職業に対しどれほどの適性があるか、自分が希望する職業に適した素質をもっているのかを測定します。
    適職診断と呼ばれることもあります。
    今日では多くの就職支援サイトで無料適性検査や適職診断を受けることができます。





  • 兵庫県のフットパーク店舗


  • 滋賀県のフットパーク店舗


  • 奈良県のフットパーク店舗


  • 適性検査とその活用

    1. 2008/03/28(金) 07:03:34|
    2. 適性検査|
    3. トラックバック:0|
    4. コメント:0
    現代、就職活動をする若者の多くは「自分のしたい仕事」などの自分本位の考えだけで就職を考えます。
    そのため新入社員、特に新卒新入社員の仕事や職場への適応能力が低下しているのが実情です。
    入社して一年に満たない社員の早期離職が年々増えているのがその証といえるでしょう。

    近年では、第二新卒の転職も含めて就職活動全体が売り手市場となっているため、仕事や職場が合わないと感じるとすぐに退職してしまうようです。
    それは就職活動の中で自己分析を怠り、「自分に向いている仕事」「自分が本当にやりたい仕事」を突き詰めていないからでもあります。
    就職活動では適性検査や適職診断を活用し、十分に自己分析をすることが望まれます。

    企業は採用や配属にあたりできるだけ個人の適性を考えて行いたいと考えますが、履歴書や面接だけで個人の性格や適性は判断できません。
    適性検査や性格診断を活用することで、多面的に個人の適性や資質を判断することができます。
    「適性能力をみる検査」「知能をみる検査」「性格・人間関係能力をみる検査」などの検査を統計的に分析して適性を測り、採用や配置に結び付けます。

    新入社員を配属する際には、仕事の内容や職場の特性が本人の適性と合うかどうかが重視されます。
    この成否は社会人として第一歩を踏み出す社員が、よいスタートをきるために重要な判断です。

    また企業では適性検査は結果をフィードバックし、新入社員の自己理解を深めるために活用されることもあります。
    さらに上司が長所を伸ばし短所をカバーするように育てていくことで新入社員は仕事や職場へ適応していくでしょう。




  • 岡山県のフットパーク店舗


  • 広島県のフットパーク店舗


  • 山口県のフットパーク店舗

  • DTIブログって?

    次のページ