容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

洋服リフォーム1

  1. 2008/04/30(水) 06:50:47|
  2. リフォーム|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
タンスに眠っている着ていない洋服たち。捨てるのはもったいないですよね。
そんな時は、素敵な服にかえてもらってリフォームしてはいかがですか。

ワンピースをワンピースではないものにかえてまた着てみたい。
ワンピースをどうしたらいいのでしょうか。
ワンピースからスカートをつくってもらうこのはどうですか。5千円くらいから仕立ててもらえそうですよ。
ワンピースからブラウスをつくってもらうのはどうですか。こちらも5千円くらいから仕立ててもらえそうです。
ワンピースからツーピースに仕立ててもらうのもいいですね。こちらは7千円くらいから仕立ててもらえそうです。

半袖からノースリーブへ仕立ててもらう、なんていうのもいいですね。こちらは3千円くらいから仕立ててもらえそうですね。

ジャケットはどうでしょうか。
衿幅を詰めてもらうと、婦人物の場合は3千円くらいから仕立ててもらえそうです。
が、紳士物の場合は、衿幅を詰めてもらうと5千円くらいから仕立ててもらえるようです。

紳士物の上着のベンツを閉じる仕立ては、一箇所1500円くらいからのようです。
逆にベンツを作る場合は、一箇所2千円くらいから仕立ててもらえるようです。
「ベンツ」とは、上着など背中の裾部分に入る切り込みのことを言います。
その切り込みの部分が、重なり合っているものを「ベンツ」と言いますが、単純に重なり合わず、切れ込みのあるものは「スリット」と呼ばれており、区別されています。

肩パットを取ったり、移動してもらうのは一箇所千円から仕立ててもらえるようです。

婦人物の袖山の「パフ・スリーブ」のリフォームもされています。
パフとはふくれるという意味があります。袖付けと袖口にギャザーが寄せてあり、膨らませた袖のことです。
「ちょうちん袖」と言われることもあるようですね。
昔購入した「パフ・スリーブ」のギャザーを外して欲しいというお直しの要望は多いようです。
これで肩の部分がすっきりしますね。だいたい4700円くらいから仕立ててもらえるようですね。

だいたいの仕立てにかかる金額が書かれていますが、お店によって違いますからよく確認してくださいね。




  • 土日派遣の時給

  • 徳井義実 無理な恋愛

  • 速水もこみち 絶対彼氏

  • 洋服リフォーム2

    1. 2008/04/30(水) 06:49:33|
    2. リフォーム|
    3. トラックバック:0|
    4. コメント:0
    タンスに眠っている着なくなった洋服をリフォームしてまた着てみませんか。

    パンツやスラックスをリフォームしたい。どんな風に仕立ててもらいますか。
    キュロットからスカートへ仕立ててもらうとだいたい4千円から仕立ててもらえるようです。
    婦人物のパンツのウエストを「総ゴム」に仕立ててもらうと2600円くらいから仕立ててもらえそうです。
    逆に総ゴムのウエストを「インベル」に仕立ててもらうと3600円くらいになるようですね。
    「インベル」とは、パンツ・スカートのウエスト内側にある芯のことで、ウエスト部分を作り変えてもらうと脇ゴムや総ゴムがなくなり、すっきりとしますね。

    リフォームの金額がだいたいですが書いてありますが、これは店によって違うかもしれませんのでよく確かめてくださいね。

    他にどんなことをしてもらえるのでしょうか。
    パンツの裾幅などを変えてもらい、シルエットの変更をすることもできます 。
    ジャケットの衿のデザインや幅を変更 することもできます。
    ジャケットの衿をはずしたり、ジャケットからベストへ 作り変えたりすることもできます。
    ジャケットの内ポケットを作ってもらうこともできます。
    ジャケットの前打合わせを「ダブル」から「シングル」への変更もできるようです。
    コートをジャケットに作り変えてもらうこともできます。

    また、制服やジャケットを着ないけどいつまでも持っていたいけどどうしようかと思っているならば、「ミニチュアサイズ」の洋服にしてもらうのもいいかと思います。
    とてもいい記念になる様な気がしますが、どうでしょうか。

    他にもこうして欲しいとかあれば洋服のリフォーム店で聞いてみるといいかもしれませんね。
    意外と洋服がイメージチェンジして良くなるかもしれないですね。
    素敵な服に出来上がるといいですね。




  • 花粉症対策を食事からしよう!

  • 結婚式での乾杯からお色直しまでの演出

  • ネットショップ開業とショッピングモール

  • バッグ修理リフォーム

    1. 2008/04/28(月) 05:40:47|
    2. リフォーム|
    3. トラックバック:0|
    4. コメント:0
    愛着のあるバッグが壊れてしまいました。修理してまた使えるようになるとうれしいですね。
    どんなところをリフォームしてもらえるのでしょうか。

    これは、ビジネスバッグの場合ですが、ファスナーが壊れたら、ファスナー交換をしてもらえます。ショルダーバッグは5千円くらいかかるようです。
    バッグの横に下がった部分のファスナースライダーも交換してもらえます。2500円くらいかかるようです。
    ショルダーひもとバッグをつなぐナスカンの取替えもしてもらえます。3千円くらいかかるようです。

    バッグの持ち手取り替えは1本3千円くらいかかるようです。持ち手付け根修理は3500円くらいするようです。
    ショルダーひも付け根修理は3800円くらいするようです。
    ショルダーカットをしてもらうと、2300円くらいします。
    持ち手カットをしてもらうと、2本手バッグの場合ですが、2600円くらいするようです。
    持ち手カットでトートバッグの場合は、3200円くらいするようです。
    錠前の取り替えは3600円くらいかかるようですね。


    その他に修理、リフォームしてもらえるところは、どの部分でしょうか。
    裏地の取り替えや、カシメの取り付けや、ステッチのほつれ直しや、マグネットの取り替えや、持ち手の補強や、持ち手をトートバッグ風に交換してもらったり、底びょうの修理などいろいろです。

    小物類もいろいろと修理、リフォームしてもらえるようです。札入れや、小銭入れや、ポーチ、ポシェットなどです。
    バッグ類でもいろいろ修理、リフォームしてもらえます。
    ショルダーバッグや、ボストンバッグや、キャディーバッグに、リュックサック、ランドセルや、トランクなどいろいろですね。

    上記で金額を紹介しましたが、お店によって違うので参考程度にしておいてください。
    修理リフォーム店で見積もりや、修理内容を確認してくださいね。

    バッグがいつまでも使えることができるようになるととてもうれしいですね。
    リフォームしてさらに大事に使えるといいですね。





  • 徳井義実 無理な恋愛

  • 速水もこみち 絶対彼氏

  • 沢口靖子 新・科捜研の女


  • 家具リフォーム1

    1. 2008/04/28(月) 05:39:30|
    2. リフォーム|
    3. トラックバック:0|
    4. コメント:0
    今、使っている家具を引越し先でも使いたい。でも、入らない・・・
    そんな時どうしますか。新しく購入するのもいいのですが、家具をリフォームする方法があります。

    高さを切り詰めるようなリフォームをしてもらえばいいのです。
    どんなふうにして作業をされているのでしょうか。

    洋服タンスの高さを17cm低くして欲しいとの依頼の例です。
    構造が量販の家具では圧倒的に多いフラッシュという合板を中空に張り合わせたものになっています。
    切断するために、分解が必要となるので背板からはずしていきます。
    背板はステップルという、ホッチキスの大きいものと釘で取り付けられているので、これをきれいに抜き取る作業をします。それをしないと背板が再利用できないようです。

    天板と底板部分は、側板にダボで接合されているため、慎重に叩いて離すと5枚の板に分解できます。
    高さを低くするためには側板を切断していきます。
    中空構造なのでこのままでは再接合することができないので、角材を挿入して補強していきます。
    さらに、再接合できるようにダボを切り捨て、ビスケットジョイントができるように切込みを入れます。

    つぎに扉の切断をしていきます。こちらも17cm切断します。
    どこの部分を切断するかというと、上下端は再利用で残すので、途中を切り捨てます。
    枠は無垢の木材なのですが、鏡板はMDFという紙質でした。
    鏡板を接合して枠に収めていき、扉を再生していきます。
    枠の接合面を補強したいので、ビスケットジョイントを埋め込んでいくようです。

    こうして部材をそろえて、箱を再度組み立てていきます。
    新たにビスケットジョイントを追加して強固に接合してクランプで固定します。
    分解前と同じ様にステップルと釘とで背板を取り付けていくと再生できました。
    作業中についた細かな傷の修復も兼ね、ワックスで仕上げていきリフォーム完了となります。

    仕上がりについて依頼人の感想は、前の家で使っていた時のゆがみがなくなったことや、17cm低くしたことで背の低い方が手が届きやすく使用しやすくなったと述べられています。
    タンスの扉を切断したことで、扉の溝が少しずれたようになったのが残念だったようだが、下の方なのであまり目立たなくて満足されているようです。


  • 広島の温泉ホテルの評判口コミ

  • 井ノ原快彦 警視庁捜査一課9係

  • 錦戸亮 ラストフレンズ

  • 家具リフォーム2

    1. 2008/04/25(金) 04:29:27|
    2. リフォーム|
    3. トラックバック:0|
    4. コメント:0
    引越しするにあたり大きな家具をどうしようか考えてしまったことはないですか。
    例えば、直径120センチもある大きな座卓があるとしたらどうしましょう。
    座卓を新しい3つの家具に作り変えてリフォームした例を紹介します。

    まず半分に切り分けていきます。半円のような形です。ここから3つの手順になっていきます。
    一つ目の家具ですが、半分に切り分けたものをこのままでは重いので、軽くするためにチェーンソーで切断して薄くしていきます。
    ルーターマシーンという機械で平面なるように削っていきます。

    そして、元から付いていた脚を短く切って取り付けていきます。
    それから角の面を取って仕上げていくと、あぐら座卓が出来上がりました。

    二つ目の家具は、ルーターマシーンで平面になるように削った後は、半円のような形を四角に切り取ってから、チェーンソーで切断していきます。
    赤白の色あいを合わせているカラマツで、箱を作っていきます。
    出来上がった箱にはキャスターを取り付けます。そして、オイルフィニッシュで塗装していきます。
    これでテレビ台ができあがりました。

    三つ目の家具は、テレビ台の天板を切り取った時に出た、残りを使って作ります。
    形を整えてから、脚の残りを使って取り付けていきます。
    表面の硬質ウレタンの部分は残して、周りをオイルフィニッシュしていきます。
    これで素敵な花台ができあがりました。

    一つの大きな家具から三つの家具が出来上がりました。これで新居にもマッチしそうですね。

    他にどんな家具からどんな家具へリフォームできるか紹介します。
    学習机とオルガンの椅子から、ロッキングチェアーと、サイドワゴンができました。
    洋服タンスから、食器棚そして、収納付き照明へとリフォームされました。

    足に小物入れの付いたドレッサーが、小物入れをドレッサーから取ることによって、足元の広いドレッサーと小物入れができました。
    座卓は足を取り替えることによって、ダイニングテーブルにリフォームできます。

    まだまだ色々できそうですね。素敵な家具にリフォームできるといいですね。



  • 上戸彩 ホカベン

  • アジエンスでキューティクル保護

  • 木村拓哉 CHANGE

  • DTIブログって?

    次のページ